• ホーム
  • 繰り返すニキビの原因別の対策方法|基本は生活習慣とスキンケア

繰り返すニキビの原因別の対策方法|基本は生活習慣とスキンケア

微笑む女性

治ったと思ったのにまたできてしまったり、なかなか治らなかったりと悩んでしまうニキビは、違和感や痛みがあったり、赤くはれて目立ったりすることが多く憂鬱な気持になるものです。繰り返してできてしまい、嫌な気分になったり、何度も繰り返すことで肌に色素沈着ができて黒っぽく跡になって残ってしまうこともあります。

繰り返すニキビを予防するためには、生活習慣とスキンケアに気を使うことが第一歩です。油っぽい食べ物を避ければよいと思っている人が多いのですが、油っぽい食べ物を大量に食べないようにするだけでなく炭水化物や脂質、たんぱく質をバランスよく食べ、ビタミンや食物繊維、ミネラルが豊富な果物や野菜、海藻類と豆類なども積極的に摂取するようにすることが大切です。

食事の内容はもちろんですが、規則正しい食生活を心がけたり、暴飲暴食をしないようにすることなども大切です。食生活に問題があると感じている場合には、ニキビ対策として少しでも肌の働きをサポートしたり、肌のダメージを修復したりするために必要なビタミンやミネラルを意識して摂取し、体に必要な栄養素をバランスよくとるように心がけましょう。

疲労や寝不足、ストレスも繰り返すニキビの原因になることがあります。肌は眠っている間にダメージを修復したり、細胞本来の働きを回復させたりするのですが、疲労や寝不足、ストレスが続いていると生きていくために必要な細胞からメンテナンスをしていくため、肌が後回しになってしまいます。

寝不足が続くと肌の調子が悪くなる、ストレスで肌荒れするという人が多いように、肌の前に修復しなければならない原因があると、生きるために必要な修復から先に行うようになるという訳です。ニキビ対策をするなら、睡眠時間を確保したり、疲労やストレスをためないようにしたりと肌細胞のメンテナンスを体ができるようにすることが大切ということになります。

日頃のスキンケアも、自分でできるニキビ対策です。肌を清潔に保つために洗顔をしっかりと行っているという人は多いと思いますが、洗顔料が残らないように、特にこめかみやフェイスラインなどのすすぎ残し安い部分も含めてたっぷりのぬるま湯で十分に流しましょう。乾燥すると皮脂が肌を守るために過剰に分泌されるため必要な皮脂を奪いすぎない洗顔料を使い、肌のうるおいをキープする保湿力が高い化粧水で保湿をした上で、水分の蒸発を防ぐために乳液やクリームで蓋をすることが基本です。