• ホーム
  • 年々ひどくなる生理痛の原因は?もしかして病気かも!

年々ひどくなる生理痛の原因は?もしかして病気かも!

心配している女性

生理痛が昔よりもひどくなっている、生理の時におなかが痛くて鎮痛薬が手放せなくなってきた、痛みのために立っていることがつらかったり寝込んだりする時がある、という女性は意外とたくさんいます。生理痛の痛みが強い、前よりもひどくなっているという場合には、病気が原因になっているかもしれません。

生理は病気ではないため、痛みが強くてつらくても我慢したり、鎮痛薬で痛みをやわらげてしのいだりするという人は多いと思いますが、強い痛みや薬を飲むほどの痛みは、病気が原因になっていることがあります。女性は、妊娠したときに子宮の中で胎児を育てるために、受精前から子宮の内膜を厚くして準備をします。

妊娠しなかった場合には、準備していた子宮内膜を体外に排出する生理が起こります。子宮内膜が厚くなってくると、排出するために子宮を収縮させ内膜を外に出していきます。収縮させる物質が増えると痛みが強くなるのですが、子宮内膜が過剰に厚くなっている状態が子宮内膜症なので、痛みが強くなっているなら子宮内膜症の可能性があるということになるのです。

子宮内膜症は、子宮内膜が厚くなるだけでなく、子宮の外側や卵巣などにも内膜と同じ組織ができて大きくなっていきます。生理の時には子宮の内側だけでなく、外側や卵巣でできた内膜からも出血するようになり、痛みはどんどん強くなっていきます。

生理痛がひどいときや生理の時の経血が多いとき、血の塊のような物が出るときなどは子宮内膜症の可能性があります。また子宮にこぶができる子宮筋腫の場合にも生理痛がひどくなったり、出血量が多くなったりすることがあります。子宮が大きくなって強い痛みがある子宮腺筋症の場合、立っていられないほどの痛みになることもあり、治療が必要です。

痛みが年々強くなるようなら、治療が必要になりますが、子宮内膜症や子宮腺筋症などは、子宮内膜を厚くしないように低用量ピルを服用することで予防することが可能です。

子宮内膜症を発症している場合の治療としても、低用量ピルが使われることは大変多く、服用を続けると生理が軽く痛みが緩和され、子宮内膜の厚さが徐々に薄くなってきます。年々生理痛がひどくなっているという場合は、病気になっている可能性もあるので通院が必要になります。

早めに低用量ピルを服用することで予防することができる可能性があると言われており、海外では予防のために服用することも一般的になってきています。