• ホーム
  • ピルで避妊するだけじゃNG!性病予防にコンドームも必ず装着

ピルで避妊するだけじゃNG!性病予防にコンドームも必ず装着

ピルは、女性ホルモンを安定させてニキビや生理痛の緩和、子宮内膜症の治療などを行うことができる薬で、避妊効果もあります。女性自身が自分で妊娠と月経をコントロールすることができる、安全で確実性が高い方法で、世界中で服用されており、日本でも積極的に使用する人が増えてきています。

毎日1回服用することで、排卵を抑制する効果があり、子宮内膜の増殖も抑えます。ピルには、女性ホルモンが含まれていて経口避妊薬と呼ばれることもあります。毎日1回飲むことで、排卵が抑制されて避妊効果があることが特徴です。避妊と言うとコンドームというイメージがありますが、コンドームを使用するよりも避妊効果は高く、女性が自分自身で望まない妊娠から自分を守ることができます。

ピルの避妊効果は高く、正しく服用すると大変効果的で安全性も高いのですが、飲み忘れがあったり、時間がずれてしまったりすることがあると避妊できる確率は低下してしまいます。飲み忘れた時や時間がずれてしまった時には、その日から避妊効果はないものとして考えるようにしましょう。

またピルで避妊をするだけでは、自分を守ることはできません。性交渉をすると、性病のリスクがあるからです。ピルを飲んでいることだけで安心せずに、性病を予防するためにコンドームも必ず装着することが大切です。性病は、自分とは関係が無いと思っている人が多いのですが実は身近な病気です。知らないまま病状が進み、気付いたときには症状がひどくなってしまい治療に大変時間がかかることもあります。また性病の種類によっては、繰り返してしまったり、妊娠に影響が出てしまったりすることもあるので性病を予防することはとても大切です。

コンドームは、性病予防に大変効果的で、費用が安く装着も簡単です。手軽にできて効果的な予防法なので、毎回必ず使用するようにしましょう。ピルを飲んでいるというと、コンドームを使わないでも良い、と思ってしまいがちですがピルとコンドームを併用することで避妊の確実性がアップしますし、性病も予防することができます。男性がピルを飲んでいると分かるとコンドームをつけなくなってしまうという時には、自分を守るためにあえて言わないという方法もあります。

パートナーとの関係も大切だとは思いますが、自分自身を自分で守ることはとても大切なことです。避妊と性病予防のために、性交渉の時にはコンドームを必ず使用するようにしましょう。